【WordPress】パソコン初心者でも簡単!ブログの始め方を完全解説

【WordPress】パソコン初心者でも簡単!ブログの始め方を完全解説
WordPress(ワードプレス)でブログを始めたい人

この記事ではWordPressでブログを作る方法を紹介します。

初心者さんでも、30分以内であればWordPressでブログを開始することができます。

この記事を見ながら設定すれば、つまずくことなく簡単にWordPressでブログを開始することができるので、あせらず一歩一歩進んで行きましょう。

  • ワードプレスを開設する為のステップ
  • Xサーバーの契約方法
  • バリュードメインでのドメイン取得方法
  • Xサーバーとドメインの紐づけ
  • WordPressのインストール
  • WordPressの常時SSL化
管理人アッピー
アッピー
とっても簡単なので気楽に設定していきましょう!
広告

WordPressを開始する為の3つのステップ

ワードプレスを開設するには、

  1. サーバーを契約
  2. ドメインを取得
  3. WordPressをインストール

以上の3つステップを行います。

 

例でよく言われているのは、サーバーは「土地」、ドメインは「住所」、WordPressが「家」みたいな感じです。

一言でいえば「ネット上に家を建てるイメージ」ですね。

 

では、早速、サーバーの契約をしていきましょう。

広告

Xサーバーの契約方法【値段も紹介】

レンタルサーバーはいくつかありますが、今回はXサーバーという大手のレンタルサーバーでの契約法方を紹介します。

  • 国内シェアNo.1
  • サーバー速度No.1
  • サポートの質が高い
管理人アッピー
アッピー
他にも、「料金」「使いやすさ」「ネット上にあるXサーバーの情報量」など、どれをとってもトップレベルです。

まず、Xサーバーを契約するには3つのプランから選ばなくてはなりません。

  1. X10プラン
  2. X20プラン
  3. X30プラン

プランはX10プランを選択

なぜX10プランかと言いますと、単純にX10プランで十分だからです。

3つのプランで何が違うと言いますと容量が違います。私はX10プランで2021年4月現在で22サイト所持していますが、まだまだ余裕に容量が有り余っています。

なので、X10プランで十分です。

 

それでは値段を見ていきましょう。

Xサーバーの料金表

Xサーバーでは2021年5月20日までキャンペーン中に付き、【12カ月以降の契約】で初期費用が無料となっています。

契約は「3カ月」「6カ月」「12カ月」「24カ月」「36カ月」毎となっています。

これから本気でブログを始めるなら、最低でも12カ月契約で始めた方がモチベーション維持の為にもオススメです。

また表を見ての通り、契約月が長ければ長いほど割引されるので節約にもなります。

 

それでは料金を確認したところで、Xサーバを契約していきましょう。

契約手順【超簡単】

エックスサーバーへ行く

Xサーバーの契約手順

初めに、【お申し込みはコチラ】をクリックします。

 

Xサーバーの登録画像

【10日間無料お試し・新規お申込み】をクリックします。

 

 

Xサーバーの登録画面

  1. サーバーIDは【自分で決める】をクリックすると、好きな文字列を設定できます。
  2. プランはX10を選びます。
  3. 【Xserverアカウントの登録へ進む】をクリックします。
【WordPressクイックスタート】という項目がありますが、今は利用しないのでチェックは不要です。

 

 

Xサーバーの登録画面

このページでは個人情報を入力します。各項目を入力し終わったら、

  1. 【「利用規約」「個人情報に関する公表事項」に同意する】にクリック
  2. 【次へ進む】をクリック
管理人アッピー
アッピー
「個人情報を公表」みたいなことが書かれていますが、後で公表できないようにできるので安心して下さい。

 

 

Xサーバーの登録画面

  1. メールで送られてきた【確認コード】を入力
  2. 入力したら【次へ進む】をクリック

 

 

Xサーバーの登録画面

確認コードを入力したら、【サーバー契約内容とアカウント登録情報】の申し込み内容確認画面になるので、間違っていないかよく確認して一番下の【SMS・電話認証へ進む】をクリック。

 

 

Xサーバーの登録画面

そのまま【認証コードを取得する】をクリック。

 

Xサーバーの登録画面

  1. 携帯に送られてきたSMSに書かれている【5桁のコード】を入力
  2. 【認証して申し込みを完了する」をクリック

 

Xサーバー登録画面

以上で、Xserverへの申し込みは完了です。

xサーバーの登録画面

登録した時点では、上の画像のように契約は「使用」、利用期限は「サーバー設定中」となっています。

数分以内で「サーバー設定完了メール」が届くので、メールが届いたら【10日間の無料お試し期間】へ突入です。

管理人アッピー
アッピー
まれに、メールが届くのに数時間かかる場合もあるようです。

設定確認メールは重要だから保存は忘れずに

Xサーバーからのメール

この設定確認メールには、ユーザーアカウントとサーバーアカウント情報が記載されているので、メール保存をお勧めします。さらに、メモ帳やエクセルにも保存しておけば安心です。
ちなみにFTP情報など聞きなれない単語がありますが、今は気にする事はありません。
ハトッチ
これで完了かポ?
管理人アッピー
アッピー
まだ支払設定が残っているよ!

それでは、支払い方法の設定を紹介していきます。

支払方法の設定

Xサーバーの支払方法設定

先ずは、TOP画面に行き【ログイン】をクリック

 

Xサーバーの支払方法

さきほど設定した、

  1. メールアドレス(XサーバーアカウントID)を入力
  2. パスワードを入力

を入力して、ログインをクリック

管理人アッピー
アッピー
もしもメールアドレスやIDを忘れてしまったら、【サーバーアカウント設定完了お知らせ】メールに記載されています。パスワードの場合は問い合わせができます。

 

Xサーバーの料金支払い方法の設定

画面の右上にある【料金支払い】をクリックします。

 

Xサーバーの支払い設定

 

  1. サーバーIDの横のチェックボックスにチェックする
  2. 【契約期間】を設定する
  3. OKなら【支払方法を選択する】をクリック

今回は、契約期間を12カ月で行います。

ハトッチ
いきなり12カ月はチョットと思うなら、3カ月でも契約はできるポね!

Xサーバーの料金表

管理人アッピー
アッピー
上の表の通り契約期間が長いほど割引されるので、ブログを絶対に諦めないという人は12カ月契約をオススメします。
上の表はキャンペーン中の料金なので、時期によっては変更する可能性があります。

 

Xサーバーの料金設定

【お支払方法】を設定していきます。

ここでは、「クレジットカード」で設定していきます。

管理人アッピー
アッピー
自分に合った支払方法で大丈夫ですよ。私の場合はクレカ持っていないので銀行振込で払いました。

 

Xサーバーの料金設定方法

カード番号・有効期限・セキュリティコードを入力して、【確認画面へ進む】をクリック。

 

Xサーバーの料金設定方法

クレジットカード番号を確認して、最後に【支払いをする】をクリックして完了です。

ハトッチ
クレジット払いだと、すぐに反映されるんだポね!

支払方法によっては反映される時間が違います。

  • 銀行振込・・・・最大2営業
  • コンビニ決済・・支払い後、数時間
  • ペイジー決済・・決済後、数時間
  • 翌月払い・・・・即日

 

管理人アッピー
アッピー
ここでXサーバーとの契約は終了です。
次は、ドメインの取得です。

バリュードメインでドメインを取得

ドメインはバリュードメインという会社で取得していきます。

ハトッチ
なんで、バリュードメインだポ?
管理人アッピー
アッピー
バリュードメインだと管理画面が一番見やすくて設定しやすいからだよ。

ここではバリュードメインで取得しますが、他にもドメイン会社はあるので特にこだわる必要はありません。

それではValue Domain(バリュードメイン)での、ドメイン取得する方法を解説します。

バリュードメインでユーザー登録

バリュードメインのTOP画面

バリュードメインのTOP画面に移動したら、右上にある「ユーザー登録」をクリックします。

ユーザー名・パスワード・メールアドレスを入力
バリュードメインのユーザー登録画面

好きなユーザー名・パスワード・メールアドレスを入力します。

 

ユーザー名

覚えやすいユーザー名を入力してください。

入力する際は、覚えやすい半角英数字で入力してください。

ログインする際に必要になります。

 

パスワード

ここも半角英数字で入力します。

大文字、小文字、数字を最低1文字ずつ入れる必要があります。

 

メールアドレス

メールアドレスを入力します。

登録したメールアドレス宛にドメインの契約情報やお知らせなどが届くので専用のメールアドレスを取得するのもアリですね。

バリュードメインの登録画面

入力が終わったら「入力内容を確認」をクリックします。

※「GMO IDに同時登録する」にチェックを入れなくてもOKです。

 

 

そして入力内容確認画面が出てくるので、間違っていないか確認してOKだったら「登録する」をクリック。

バリュードメインの確認画面

 

次は支払方法です。

お支払い情報を入力

バリュードメインの支払方法画面

支払方法は、「銀行振込、Yahoo!ウォレット、WEBMONEY、コンビニ払い」しかありませんが、他にはクレジット払いやAmazonPayなどもあります。

いつでも変更できるので今はそのままにして先に進みます。

 

バリュードメインの更新情報

自動更新の項目はそのまま「自動更新する」にしておきます。(ここにはサーバーの自動更新設定もありますがそのままでOKです。)

そして「次のステップへ」をクリック。

ユーザー名を入力していきます。

 

バリュードメインのユーザー名登録画面

 

途中で「契約種別」という項目で「個人」を選ぶと、「役職や会社名」の項目が自動で以下のように入力されます。

もちろん個人で行きます。

バリュードメインのユーザー名登録画面

 

 

最後まで入力したら「入力内容を確認」をクリックします。

バリュードメインのユーザー名登録画面

 

 

確認画面が出るので、間違っていないかよく確認してから「規約に同意する」にチェックを入れて、「ユーザー登録する」を最後にクリックします。

バリュードメインのユーザー名登録画面

 

そして最後に登録完了画面が出てユーザー登録は終了です。

 

バリュードメインのユーザー名登録画面

メールを確認して「ログインURL」をクリック

登録すると下記のようなメールが届きます。

 

バリュードメインのメール

初めてログインするには「認証コード」を入力しなくてはなりません。

認証コードは指定されているアドレスからメールされるので、確認してみましょう。

バリュードメインのメール

認証コードを覚えたら、ログイン画面に行きます。

 

バリュードメインのログイン画面

先ほど設定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力して「ログイン」をクリック。

 

バリュードメインの認証画面

先ほど確認した「認証コード」を入力して「認証を行う」をクリックします。

バリュードメインの認証完了画面

これでメールアドレスの認証が完了です。

管理人アッピー
ハトッチ
あともう少しなので、頑張りましょう!
ハトッチ
あとはドメイン登録だけだポ!

それでは認証完了画面の下にある「コントロールパネルトップ」をクリックします。

ドメイン登録方法

ドメイン新規登録をクリックします。

バリュードメインのドメイン登録解説画像

 

すると、ドメインの入力画面に移動するので、取得したいドメイン名を半角英数字で入力して虫眼鏡マークをクリックします。

バリュードメインのドメイン登録画面

 

虫眼鏡マークをクリックすると、下の画像の通り沢山の取得できるドメインが表示されます。

 

バリュードメインのドメインを選ぶ画面

この取得できるドメインは、当ブログのドメインで検索掛けたものです。

画像を見てみると「.com」だけが薄く表示されています。理由は、私のブログが「jinsei-upd.com」で、すでに取得しているからです。

なので「jinsei-upd」でドメインを取得しようとすると「.com」以外でないと取得できないという事です。

ドメインには「.com」以外にも「net・jp・biz・xyz・・・」など沢山あり、価格も様々です。
ぶっちゃけどれでも良いのですが、基本的に「.com」「.net」「.org」辺りを取得しておけばOKです。

とりあえず今回は「.net」で登録します。

 

「.net」の所をクリックしたら下図のような確認画面に移動します。

バリュードメインのドメイン登録確認画面

 

少し下へスクロールすると、登録者情報にあなたの情報が記載されいています。

バリュードメインの登録情報

じつはこのままでは、「whois」というドメイン登録者情報を公開するサービスで閲覧することができちゃうんです。

例えば、他社がwhoisにアクセスしてあなたのドメインを調べた際にあなたの個人情報、

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号

などが知られてしまいます。

驚いているハトッチ
ハトッチ
個人情報が知られるのはチョット嫌だポー!

大丈夫です!

ネット上で個人情報を公開したくない場合の為に、ドメイン名義を「弊社の代理名義にする」というのがあります。

WHOIS情報をバリュードメインの代理名義にする

バリュードメインの代理名義

 

「弊社の代理名義にする」をクリックすると、

バリュードメインの弊社の代理名義変更

個人情報がバリュードメインの個人情報に変わります。

このようにすれば、あなたの個人情報はwhoisで公開されることが無いです。

 

それでは代理名義を変更したら、支払い方法を改めて設定します。

支払方法を選択

バリュードメインの支払方法

あなたに合った支払方法で支払います。

私の場合は諸事情によりクレジットカードが作れないので、Amazon payで支払っています。

Amazon payだとお金が口座に入っていればデビット機能で支払うことができるの便利です。

もちろんクレジットを使う人はクレジットカードを推奨します。理由は自動更新ができるからですね。

取得したドメインを確認

ドメインを取得できたら、一度「コントロールパネル」へ戻っていただき、「ドメイン」をクリックあるいはカーソルを置いて頂ければ「登録済みドメイン一覧」より確認することができます。

バリュードメインでドメインを確認している画像

以上でドメインを取得することができました。

ですが、ドメインをサーバーに紐づけしなくてはならないのでこれで終わりではありません。

驚いているハトッチ
ハトッチ
まだあるのかポ?!
管理人アッピー
アッピー
ここで半分ぐらいかな?!

ここまでは、Xサーバーとバリュードメインのアカウント登録とドメインの取得をしました。

あとは、Xサーバーにドメインを設定しなくてはなりません。

広告

サーバーとドメインの紐づけ

バリュードメイン側での設定

先ずは、バリュードメインにログインします。

バリュードメインとサーバーの紐づけ方法

ログインしたら、【ドメイン】→【ドメイン設定操作】をクリック。

 

 

バリュードメインとサーバーの紐づけ

取得したドメインの列に【ネームサーバー】という項目があるので、クリック。

 

バリュードメインとサーバーとの紐づけ

ネームサーバー1からネームサーバー3までにデフォルトで記載されている文字をすべて消します。

 

バリュードメインとサーバーとの紐づけ

 

【ネームサーバー1~5】までに上の画像のようにXサーバーのネームサーバーに書き換えます。

↓コピーして使ってください↓

ns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

入力したら、【保存】をクリック。

管理人アッピー
アッピー
Xサーバーのネームサーバーはすべての人が同じです。

ここまででバリュードメイン側での設定は終了です。

次は、Xサーバーでの設定です。

Xサーバー側での設定

Xサーバーの設定

Xサーバーでログインします。

 

Xサーバーでの設定方法

 

メールアドレスとパスワードを入力して、ログインをクリック。

 

 

Xサーバーでの設定

【サーバー管理】をクリック。

 

Xサーバーでの設定

 

ドメインの【ドメイン設定】をクリック。

 

 

Xサーバーでの設定

 

【ドメイン設定追加】をクリック。

 

Xサーバーでの設定画面

  1. 取得したドメインを入力
  2. 【無料独自SSLを利用する】と【高速化・アクセス数拡張機能】にチェックを入れる。
  3. 確認画面へ進む
管理人アッピー
アッピー
ドメインを入力する際は「https」はいりません。

 

Xサーバーでの設定方法

OKなら【追加する】をクリック。

 

Xサーバーでの設定画面

上の画像が表示されれば完了です。

今回は、【無料独自SSL】の設定に失敗しましたが、いまはこのままでOKです。あとで、設定し直します。
ほとんどの場合ココで独自SSL設定は成功します。

ちなみにSSLとは簡単に説明しますと、セキュリティが強くなる設定と思って頂ければOKです。2021年現、SSL設定は常識的になっています。

WordPressのインストールをする

では、ここでやっとWordPressのインストールを始めます。

ハトッチ
ハトッチ
ここまでなんか長かったポねー!
管理人アッピー
アッピー
やっとメインとなるワードプレスのインストールを開始するよ!

WordPress簡単インストールを実行

まずは、Xサーバーのサーバーパネルを開きます。

Xサーバーでのワードプレス設定

 

  1. 設定ドメインで、取得したドメインを選び設定をクリック
  2. 【WordPress簡単インストール】をクリック

 

 

Xサーバーでのワードプレスの設定

【WordPressインストール】をクリック。

 

Xサーバーでのワードプレスの設定

各項目を入力していきます。

  • サイトURL・・・そのままでOK
  • ブログ名・・・・付けたい名前を入力(後で変更も出来ます)
  • ユーザー名・・・WordPressへログインする為のユーザー名を設定します。
  • パスワード・・・WordPressへログインする際のパスワードを設定します。
  • メールアドレス・使用するメールアドレスを入力します。
管理人アッピー
アッピー
キャッシュ自動削除とデーターベースはそのままでOK!

すべて入力したら、【確認画面へ進む】をクリック。

 

Xサーバーでのワードプレス設定

確認してOKでしたら、【インストールする】をクリック。

 

 

Xサーバーでのワードプレス設定

WordPressのインストールが完了すると、上の画面が表示されます。

 

管理人アッピー
アッピー
これでワードプレスが使えるようになったよ。
ハトッチ
ここまで長かったポー!
ワードプレスを使うには必ずユーザー名とパスワードを入力するので、上の画面がでたらスクショやメモなどをしておきましょう。

それでは、管理画面URLをクリックしてWordPressのログイン画面に行きます。

 

しかし、

無効な画面です

というエラーメッセージが出る場合があります。その場合はしばらく時間をおいてみましょう。

管理人アッピー
アッピー
待っても30分も掛からずにアクセスできます。
広告

Xサーバーで常時SSL化を設定

WordPressのインストールが済みましたら、次は【常時SSL化】を設定していきます。

常時SSL化とは、通信を暗号化する事です。
暗号化することにより、クレジットカード情報や個人情報などの漏れてはいけない情報を保護してくれます。

SSL化したドメイン

ハトッチ
ドメインの脇にある鍵マークがSSL化したという印だポね!

では、早速やって行きましょう!

 

Xserverのサーバーパネルを開きます。

ssl設定

 

ドメイン→【SSL設定】をクリック。

 

ssl化の設定

取得したドメインの項目にある「選択する」をクリック。

 

ssl化の設定

【独自SSL設定追加】をクリック。

 

ssl化の設定

そのまま【確認画面へ進む】をクリック。

※「CSR情報を入力する」にはチェックはしなくてOKです。

 

ssl化の設定

【追加する】をクリック。

すると下の画像が現れるので、

ssl化の設定

取得中の表示が消えましたら、「戻る」をクリックします。

 

ssl化の設定

反映待ち」と表示するので、しばらく待ちます。

SSL設定が完了するまでの時間は、大体1時間ぐらいかかります。

 

しばらくしてから更新して、「反映待ち」が消えた事を確認できたら、SSL設定は完了です。

WordPressでのSSL化

次は、WordPressでのSSL化を設定します。

ハトッチ
ワードプレスでも設定するんだポね!

それでは、ワードプレスにログインします。

ワードプレスのURLが分からない場合は、サーバーパネルを開き【WordPress簡単インストール】をクリックすれば管理画面URLがあるので、そのままクリックしてください。
Xサーバーでのワードプレス設定
この画像の場合、【http://jinsei-upd/wp-admin/】をクリックですね。
ワードプレス管理画面
  1. ユーザー名
  2. パスワード

を入力したら、【ログイン】をクリック。

 

ワードプレスSSL化

ダッシュボードの【設定】→【一般をクリック】。

 

ワードプレスのSSL化

ワードプレスSSL化

 

WordPressアドレスとサイトアドレスにある【http】にsを付ける→【https

sが付いているか付いていないでは、まったく違うので確実に「s」を付けましょう!

httpに「s」を付けたら、一番下の【変更を保存】をクリック。

一旦、ログアウトされるので、再度ログインします。

 

ワードプレスのSSL化

ログイン後の管理画面に鍵マークがついていたらSSL化が完了しています。

URLの転送設定(301リダイレクト)

驚いているハトッチ
ハトッチ
まだあるのかポー?!
管理人アッピー
アッピー
あとちょっとで終わるよ!

このままでは、以下の2つのURLのどちらでもアクセスできる状態です。

  • http://jinsei-upd.com
  • https://jinsei-upd.com

そのため、httpにアクセスしてきた人をメインのhttpsの方に転送(301リダイレクト)する必要があります。

301リダイレクトを行う事で、httpsはhttpのコピーサイトでないと検索エンジンに知らせる事ができます。また、検索エンジンの評価の分散を防ぐことにもなるので確実に行っておきましょう。

エックスサーバーのサーバーパネルを開きます。

 

XサーバーのSSL設定

 

サーバーパネルの「ホームページ」にある【htaccess編集】をクリックします。

 

 

XサーバーのSSL設定

該当するドメインの【選択する】をクリック。

 

XサーバーのSSL設定

【htaccess編集】をクリックします。

 

XサーバーのSSL設定

.htacess画面を開いたら、以下のコードをコピーして

RewriteEngine OnRewriteCond %{HTTPS} !onRewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

.htacessに貼り付けます。

 

XサーバーのSSL設定

元々記載されているコードを消さないように気を付けて、コピーしたコードを一番上に貼り付けます。

また、貼り付けたコードと元々あったコードの間には、わかりやすくするために1行エンターキーで開けておきましょう。

.htaccess編集では誤った入力をしてしまうとファイルが機能せず最悪ブログが表示されなくなるので、コードを変更や書き加える場合は注意が必要です。
いじる際は、念の為元々記載されている内容をコピーして保存しておくことをオススメします。

コピーしたコードを貼り付けたら、右下にある【確認画面へ進む】をクリックします。

 

XサーバーでのSSL設定

確認画面になったら、最後に右下にある【実行する】をクリックします。

以上で、転送設定(301リダイレクト)が完了です。

笑顔のハトッチ
ハトッチ
やっと終わったポ―!!
これで記事を書きまくるポー!
管理人アッピー
アッピー
たしかにコレでブログを始められるけど、実はまだやることがあるんだよなー。
驚いているハトッチ
ハトッチ
ポ?
管理人アッピー
アッピー
という事で、次回はWordPressの初期設定について解説していきます。
広告